iPhoneを高く売る

iPhoneを初期化しよう

買取してもらう前に初期化が必要

iPhoneを中古として買取してもらう前に必ずやっておかなければならないのが初期化です。ほとんどの買取業者は、初期化がなされているのかどうか確認してくれますが、中には確認せず買取をする業者もいます。そのため、買取前に自分の手で初期化を実行し、自分の目で確認しておかなければなりません。そうでないと、個人情報が残ったまま新しい持ち主の手に渡ることになってしまいます。電話帳のデータには友人や同僚などの個人情報も記録されているため、特に注意が必要です。

初期化をするには、まずホーム画面の「設定」をタップします。それから、「一般」を選択し「リセット」に進みましょう。そして、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選ぶと、パスコードを入力する画面になり、入力をしてから「iPhoneを消去」をタップすると確認の意味でもう1度「iPhoneを消去」の項目が出て来ます。そして、2回目のタップをすると初期化が実行されるという流れです。初期化が完了すると自動的に再起動し、保存してあるデータはもちろんのこと、設定なども全て消去され購入時と同じ状態になります。そのため、初期化する前にデータのバックアップを忘れずにとっておくほうが賢明です。

この際の注意点は、iCloudからログアウトした状態で行わなければなりません。iCloudにサインインした状態で、iPhoneのデータを手動で削除すると、同じiCloudアカウントを使っているiPadなどの他のデバイスからもデータが削除されてしまうためです。

そして、万が一初期化するのを忘れて個人情報が残ったままiPhoneを売却してしまった場合には、iCloudにサインインして消去することもできます。また、新しい持ち主に連絡をして消去してもらう方法もあるでしょう。ただ、いずれも手間がかかり、確実に消去できるわけではありません。そのため、売却前に確実に初期化しておくことが望ましいと言えます。