iPhoneを高く売る

iPhone買取時の注意事項

買取する前に確認しておくべきこと

古くなったiPhoneを買取してもらう場合には、そのまま買取業者のところへ持っていけばいいというわけではありません。前もってやっておくべきことがいくつかあります。不備があった場合には、買取してもらえないこともあるため、売却の前に注意事項をしっかりと確認しておきましょう。

まず、割賦残債が残っていないかどうか見ておく必要があります。スマートフォンは、端末価格が高額であるため、割賦購入している人が多いです。毎月の利用料金に端末の割賦代金を上乗せして支払っているため、忘れがちですが完済していない場合には要注意です。割賦残債が残っている場合、買取できなかったり買取価額が安くなってしまったりします。

ネットワーク利用制限がかかっていないかどうかも、確認しておきましょう。これは犯罪などで不正に入手されたスマートフォンを利用できなくするための機能です。割賦代金を滞納している場合にも、ネットワーク利用制限がかけられてしまうことがあります。auなどの携帯キャリアの公式サイトで、IMEIを元にネットワーク利用制限がかかっていないかどうか確認することが可能です。普通に使っていればネットワーク利用制限がかけられることはありませんが、買取をする前に念のため見ておきましょう。そして、「iPhoneを探す」の機能もオフにしておかなければなりません。これも盗難などの際に悪用されないための機能です。オフにするにはパスワードが必要で、オンになったままだとパスワードを入力しないと使えない仕様になっています。

この他データのバックアップや付属品を揃えることなども大事です。バックアップをとらないまま売却してしまうと、後で困ってしまいます。iCloudやiTunesでバックアップを取っておきましょう。ちなみに、付属品は揃っていなくても買取をしてもらえますが、付属品が全部揃っているかどうかで、買取価額にかなり差が出て来ます。現在使っているiPhoneに関しても、近い将来新機種に買い替えるときのことを考えて、付属品を無くさないようにしておきましょう。②: